ブリアンと虫歯になる4つの条件

MENU

ブリアンで虫歯予防をするなら気をつけたい「4つの条件」

ブリアンと虫歯予防

 

ブリアンで虫歯予防をする前に『虫歯にどうしてなるのか』知っていますか?

 

同じものを食べたり、同じような生活をしているのに虫歯になりやすい人と
なりにくい人がいますよね。

 

「体質だから仕方ない」と諦めてしまう人もいれば、
「自分がそうだから子どもは虫歯にしたくない」と言う人もいます。

 

たしかに歯の質はそれぞれ違うので、虫歯になりやすい人となりにくい人は
いるのですが、実はそれだけでは虫歯にはなりません。

 

なので、虫歯になりやすいとわかっているのであれば虫歯予防はできるのです。

 

しかも、虫歯になるのには「4つの条件」があります。

 

ということは?

 

4つの条件が揃わなければ、虫歯になることはない!と言えるのです。

 

それではその4つとはどんな条件なのでしょうか。

 

 

虫歯になる4つの条件

 

虫歯の4つの条件

 

虫歯は、虫歯菌が糖分を取り込むと歯垢(プラーク)が出来て、そこに虫歯菌が住んで
糖をエサにして酸を出して、歯を溶かしていきます。

 

そのため、下記の4つの条件が揃うことで虫歯になります。

虫歯になりやすい歯
虫歯になる細菌(虫歯菌)
虫歯になりやすい食べ物(糖)
時間

 

虫歯になりやすい歯だとしてもそれ以外が揃わなければ虫歯にならないのです。

 

一緒の物を食べ、一緒の時間に歯磨きをしていて虫歯になる人とならない人がいるのは、
1や2の歯の質や口の中の細菌に違いがあるからと考えれば、
「上の子は虫歯にならないのに、下の子は・・・」と言う話も納得です。

 

ブリアンの虫歯予防は虫歯菌と歯垢除去の働きがあるので、虫歯菌も虫歯菌の住家も
なくしていくことができます。

 

ここで気を付けて欲しいのが虫歯菌は100%除去できるわけではありません。

 

感染もするし、エサとなるものが口の中にある以上は増えていくので、いくらなくそうと思っても
とても難しいのです。

 

そのため、ブリアンで虫歯菌を除去しているから大丈夫!とは思わずに4つの条件が
揃わないようにしていくことが大切なのです。

 

虫歯予防はこれだけ多くの情報があるので、難しいものではなくなっています。

 

正しい情報を見極め、それを続けていくことが虫歯ゼロへの近道なのです。

 

 

虫歯と時間の関係性

 

先ほど話した4つの条件のうちのひとつ「時間」

 

これは24時間というよりも、ダラダラ食べたり食後の歯磨きするまでの時間などの
一定の行動に対する時間とも考えられます。

 

朝昼晩のご飯を食べて10時と15時にはおやつを食べて、その間の飲みものはジュース。

 

また、キャンディーなど口の中に長時間ある物を食べていると、それだけ虫歯に
なりやすい
環境を作ってしまいます。

 

酸を出して歯を溶かす脱灰の時間が多くならないようにするためには、唾液をしっかり出して
再石灰化を心がけたり、食べたり飲んだりするものをキシリトールやお茶に変えたみたり、
生活習慣の時間帯で工夫してあげることも大切です。

 

大人は仕事の都合で難しいかもしれませんが、子供は比較的時間を決めやすいので、
小さなお子さんでも体調不良や用事がないときは、虫歯になりにくい生活を身につけましょう。

 

 

まとめ

 

虫歯になるのは4つの条件が揃うということで、意外に単純なことですよね。

 

でも、日本人の90%以上が虫歯ということは
『その条件が当てはまってしまう人がかなり多くいる』
と言うことです。

 

一方で、最近では予防歯科が日本で浸透してきていて、子供の虫歯は減ってきています。

 

とは言え、虫歯は減ってもなんと!子供の歯周病が増えているということで、お口事情は
変わらず気を遣いたいところです。

 

ブリアンは虫歯予防以外にもBLIS M18が歯周病菌にも働きかけてくれるので、
4つの条件に気を付けて、子供の口内環境をより良いものにしていきましょう。

 

 

ブリアンと虫歯予防